あごニキビを治すための方法とは

アナタのあごニキビはなぜ治らないのか!?

このサイトはなかなか治らない「あごニキビ」をキレイさっぱり無くしたいというあなたのためのサイトです。

 

なぜなかなか治らないのでしょうか?

 

それは間違った対処法をしているからに他なりません。

 

  • ひたすら顔を洗っている
  • 化粧品をどんどん使っている
  • 膿みを出してしまっている

 

こんなことをやってしまっていませんか?
こういった断片的で間違った情報を元に対処していればなくならないどころか悪化する可能性もあります。

 

そのためにまずやるべきことは根本の原因を知ることです。

 

原因や関係性を詳しく知る

根本の原因とは!?

はっきり言ってしまうと原因は人それぞれです。

 

  • あご周りの毛穴の汚れ・つまり
  • 過剰な皮脂の分泌
  • あごが乾燥しがち
  • ターンオーバーの乱れ
  • 肌力の低下

 

など。
生まれ持った肌と周りの環境で千差万別です。

 

では自分に合った治す方法はないのか?というとそれは違います。
原因は人それぞれですが、ニキビができるメカニズムというのは誰でも同じです。

 

あなたも私も周りの人もみんな同じです。

 

 

 

メカニズムを知る

 

この説明に欠かせないのがアクネ菌の存在です。
ひょっとしたら聞いた事がある名前かもしれません。

 

まず、上記のようないろんな理由が原因があって皆さんのあご周りにはアクネ菌が繁殖します。
アクネ菌は皮脂や汚れが大好きですし、水分が少ないところだと活動しやすいのです。

 

そして繁殖したアクネ菌によって肌が炎症を起こすのです。
これが赤くぷくっと膨れ上がった状態の「赤ニキビ」と言います。
いわゆる一般的なニキビです。

 

このあと膿んできたら黄色くなったり、凸凹のニキビ跡のようになる可能性もあります。

たった一つの方法は!?

ではどうすれば治すことができるのか。

 

それはニキビの出来にくい肌をつくるということです。

 

 

そのための3つのステップがあります。

 

  1. ニキビの大好物をつくらない
  2. ニキビが苦手な肌をつくる
  3. ニキビと戦う力をつける

 

です。
ではそれぞれ解説していきます。

ストレスの関係性

ニキビとストレスは切っても切れない関係。

 

ストレスが多い現代。
私はストレスなんて関係ないわなんて言っている人ほどストレスをうけているとも言われています。
仕事、家事、育児、人間関係など、様々なことで感じるストレス。
このストレスが大きく関係しています。

 

 

【ストレスはホルモンバランスを崩す】

 

ストレスは自律神経に作用し自律神経の乱れはホルモンバランスを崩します。
ホルモンバランスが崩れると、ホルモンが男性よりになります。
男性ホルモンは皮脂の過剰分泌につながりやすいため、ニキビができやすい状態になります。
また、あごという部分は、男性の顔を見てもわかるように「ひげ」が生えるところです。
つまりもともと男性ホルモンが多い場所。
だからこそ、ストレスが原因となってホルモンバランスの崩れから、多くなってしまうのです。

 

 

生活習慣が乱れてしまうと、睡眠不足や必要な栄養素が足りないという状態になります。
睡眠不足のときはイライラしてしまいますよね。
普段はストレスに感じないことでも、睡眠不足から心が不安定になり、普段はうけることのないストレスをうけることにもつながります。

 

原因の一つにストレスがある』ということを深く理解し、余計なストレスを受けない、また自分でストレスをうまく発散できる手段を得ておくといいでしょう。

ケアは大きく分けると三つです。

  1. 清潔にするということ
  2. 必要な栄養素を補給するということ
  3. スキンケアを大切にするということ

 

以上の三つをポイントに考えていきましょう。

 

 

清潔にするということ

 

まず正しい洗顔を行って肌の状態を良くする、ということが大切。
特にあごという部分は洗顔フォームや石鹸を落としにくいのです。

 

 

クレンジングは刺激の少ないジェルやミルクタイプのものを利用し、刺激を与えないように指の腹を利用し馴染ませて浮かせるようにクレンジングし、きれいに洗い流します。

 

 

洗顔は泡をしっかりたて泡を滑らせるように部分的にしっかり洗うこと。
ごしごしこするのは×!泡を動かして泡が毛穴の汚れを浮かせるようなイメージで。
しっかり洗い流す。

 

 

 

必要な栄養を補給するということ

 

大人になってからのは栄養バランスやホルモンバランスの乱れからできることが多いのです。

 

ビタミンやミネラルなど足りない栄養素、それにホルモンのバランスを整えるためのサプリメントなどが効果的です。

 

 

 

スキンケアを大切にするということ

 

20歳を境に肌の水分の元となるコラーゲンやヒアルロン酸が減少していきます。

 

肌の水分バランスなどが崩れてしまうと、できやすくなります。

 

できればニキビ治療に効果的なグリチルリチン酸配合のケア商品を利用すると効果的です。

 

またコラーゲンやヒアルロン酸などの肌に必要な成分が配合されているケア商品もオススメです。

 

 

予防法とは?!